日本が女性にとって発展途上国というのは本当なの?

男女差=差別が働いていると決め付ける風潮

 そっち系の人が「日本は女性にとって発展途上国」と主張するのは国会議員の数や企業の管理職の男女比が諸外国と比べて開きがあるというのが理由なのだが議員に立候補したり勤続年数の長い女性が圧倒的に少ないのだから男女差が出来るのは当然だ誤解してはいけないのは男女差自体が悪いのではなく差別が働くことが悪いのだ政府や企業が女性の起用を望んでいても当の女性にその気が無いのではどうしようもない、女性というだけで相応しくない人を闇雲に採用するわけにはいかないし差を埋めたければどうしても頭数を増やしてもらうしか解決法はない
 
  • 各分野の男女差の原因は頭数の差であり差別は働いていない
 

海外との比較に意味はない

よく言われるのが「北欧諸国は各分野に男女差が無いのだから日本で男女差が出来るのは差別が働いているからだ」という理屈、でもこれはおかしいと思う、だって北欧諸国はアファマーディブアクションを取り入れ女性に下駄をはかす制度にしているのだから男女差が無くて当たり前だ(無理やり差を埋めている)それと国民性や文化の違いも考慮する必要がある日本の女性は受動的で矢面に立ちたがらない女性が多い、自分が成功するよりも“出来る男”に養ってもらいたいという願望が強く自分が大黒柱になり男性を養うといった価値観を持った女性は本当に少ない、統計では女性の3人に1人が専業主婦願望があることが分っているそういった女性の自由意志が尊重されていれば男女差は当然生まれる自然に出来る男女差は悪ではない
 
 

むしろ女性に価値観を押し付け圧力を加えているのはフェミニズムなのでは?

 
「女性は家庭に入って子を産みましょう」は言っては駄目なのに
「女性の国会議員を増やしましょう」や「女性は外に出て働くべき」はOKって何で???どちらも価値観の押し付けですよね?
 
「どんな生き方でもあなたの自由ですよ」というのが正解のはず
 
大切なのは圧力無く自由意志が尊重されること、今は家庭に入りたい女性が白い目で見られるフェミニズムプロパガンダが成功している)
 
フェミニズムは外に出て働くことや権力を持つことが成功で家庭に入ることは損だと決め付け、自由意志が故の男女差に「男性社会の陰謀だ!女性は差別を受けている」とデマで扇動して日本の女性の意思をコントロールしようとしている
 
 

男性の差別意識の所為で男女差が生まれるというのは本当か?

 いまや草食系男子の時代ですよ、矢面に立つことに疲れている男性は大勢います、でもやはり女性を守らないとという意識が働く…女性もそんな男性を評価し求める、この様な関係の中、男性をリードする女性が現れ、社会が守られる男性像を許容するならそっちに行きたい願望のある男性って本当に大勢いると思うのです男性は女性を家庭に押し込めたがっているというのは最早幻想で家庭に入りたい男性は潜在的に相当いるはずむしろ女性の願望が尊重され男女差が生まれているという見方の方が真実だと思ったりします
 
平均収入の男女差は言い換えると男性の方が大黒柱を引き受けて矢面に立っているということ、これって見方によっては女性が守られているということで女性優位だと思うのですつまり「男社会だ!女は不利だ!」と言う言説は社会の優位性の見方があまりに一方的な“ものさし”で語られているということ。ホームレスや自殺者数は男性の方が圧倒的に多いのです
 
男女差が埋まらないのは社会が「男は女を守るものだ、養われるのは恥」と“男の有り方を束縛してそこに女性が依存しているからでむしろ男性への束縛的価値観を緩和していくことが求められるのではないでしょうか、これまで女性差別の是正ばかり行われてきて一方向からだけでは限界が来ているように思います、停滞しているのは男性差別に手をつけようとしないからではないでしょうか
 
 さて、僕は最初の方で自由意志の尊重を述べておりこの考えは変わりません、なので受動的な女性はいてもいい、でも同時に受動的な男性もいてもいい、しかし社会は男性にその自由を許さない、多用な男性の有り方が認められればその影響で女性も「甘えてばかりではいられない」という気になってくるのではないでしょうか、そうすれば自由意志は尊重されつつも自分の判断で女性に能動的な部分も生まれてくると思う、そうすると男女差は今よりも埋まるでしょう、結局社会に出来ることはその位(自由な有り方を認める)で不当に圧力は加えるべきではない
 
うーん・・・ここら辺がとりあえずの落とし所かな・・・
 
一部ちょっと極論になった感もある…でもフェミニズムに足らない視点としては正論のはず、社会が男性に束縛的価値観を持っていることや女性が守ってくれる男性を求めていてそれに男性が応えようとするから男女差が出来るというのは事実だろう
日本の様々な分野での男女差は自由意志(女性の願望)の反映であり海外は能動的な女性が多かったり無理やりに制度で埋めているだけで日本が女性にとって発展途上国だというのはフェミニズムプロパガンダ