待機児童問題はなぜこれほど最優先で特別扱いされるのか?

社会問題は他にも山積する中、待機児童問題ばかり報道され政治でも議題に上がり特別扱いされている
働きたくても働けない母親がいるといっても介護で働けない人や引きこもりで働けない人もいるがそちらはあまり問題にされない
待機児童問題は水戸黄門の印籠の様に扱われ誰もが否定できない状態になっている、保育園を無理に住宅地に立ようとして近隣住民から騒音がネックだと苦情が出ても住民側が理解が無いと悪く言われる状況だ、住宅地に何かを作るとなれば苦情は出て当たり前で保育園などは(保育園でなくとも)場所を考慮しなければいけないはず、例えば老人ホームや引きこもりの支援施設を建てるとなって運営に騒音が避けられないとなれば当然住宅地には建てれないだろうし行政は反対を押し切って無理に建てることはしないのではないだろうか、しかし保育園は特別扱いされる
これは社会の風潮として待機児童問題が特別視され誰も文句が言えない論調が幅を利かし政府がこれでもかと非難されるから政治家も強引に事を進めようとするし強引でも批判もされないと高を括っていて実際にマスコミも批判をするどころか逆に反対する近隣住民を悪く報道したりするからだ
 
しかしこのバイアスは作られたもの、今の日本はフェミニズムイデオロギーが多数派を占める、正確に言うと発言力を持った立場の人にその手の思想を持った人が多いマスコミ、大学教授、政治家、TVのコメンテーター、社会学者などの殆どが左傾化しておりそれに反対する思想をもつものはネットに追いやられている一番大きいのがマスメディアでの力を持った立場の人がそちら系の人で新聞、雑誌、TVなどでそちら系の思想を喧伝しまくるので多くのどちらでもない(特に極端にどちらかに偏った思想をもたない)人達がマインドコントロールされてしまう
 
は社会の常識とされているフェミニズム思想の殆どはデタラメだ例えばジェンダーギャップ指数はアホ統計だし女性の社会進出率が高い国ほど出生率が高いというのも嘘、今働いていない女性が働けばGDPが上がるというのも大嘘だ(これらは別途論じる)
嘘でもそれが誤りを指摘されないでしきりに喧伝されると国全体が騙されそれが常識になる。それをリードしているのがマスメディアだ
 
現在、日本の情報発信媒体はフェミニズム勢力に乗っ取られていると言っても過言ではない、その証拠に上述したデマに誰も突っ込まない、知識層の殆どが左傾化しているから誤りが意図的に指摘されないのだ
 
待機児童問題が特別視されるのはそれが真に最優先で取り組む課題だからではなくそうしたい人達が力を持って社会を牛耳っているからだ
フェミニズムは他の困窮している人たちには目もくれず働く女性の支援だけしか眼中に無い、3人に1人は専業主婦願望があるのだがそういった女性は自らの思想に都合が悪いので認めようとしないで無理に外に出そうとする、男女の賃金格差を無理にでも埋めようとするのがフェミニズムの狙いでその為に民主性を無視して力で事を進めようとする、だから平気で嘘もつく
 
我々も声を上げていかなければいけない、ネットで愚痴るだけでなく政治に関心を持ちマスメディアや学問の世界にも進出しなければいけない、SNSで考えを発信する事から初めてもいい、実は違和感を感じている人は大勢内在しているのだが発信力がないし連携も取れていない
 
 
ただくれぐれも言っておくが働く女性の支援は必要。ただそれに偏りすぎで他の社会問題やそれで困る人の声も聞くようにしなければいけないし嘘は絶対駄目。
私が主張したいのは冷静でバランスの取れた議論が必要だということ
 
まず、保育園不足の問題は本当に困っている人を優先するようにすれば足らなくはならないはず、比較的裕福な層の人も譲らないで預けようとするから足らなくなる、収入で優先順位を設けるべきhttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145043046
 
ひとまずここまで。

 

性欲は綺麗なものでなければいけないの?

最近気になるのがフェミニズムの人達による過剰な平等思想の押し付け。
男性の女性への欲望(支配的な内容のAVの消費とか)を「女性蔑視、モノ化している」と決め付けるがそれっていけない事なのだろうか?
SEXは対等に愛し合うものでなくても互いに欲望をぶつけ合う(言い換えると慰めあう)ものであってもいいはず、人間には暴力的であったり差別的であったりする面もある、例えば格闘技を見てエキサイティングするのもそうだし異性を魅力で振り回したいと思ったりもする、それらは弱さ(エゴ)でもあるわけだがエゴもあって人間だしそういったものを受け入れるのも愛だといえる
男性の女性へのプリミティブな欲望を受け止めたい女性もいるし嫌々でなければ他者にどうこう言われる筋合いは無い女性の消費するポルノにも強姦表現は出てくる、無理にでも自分のものにしたいというプリミティブな欲望に(それほどまでに求められることに)性的興奮を覚える性嗜好もある(男性の消費するポルノに女性からレイプされるものもある)
性欲には受けと攻めがあるのであって対等に愛し合わなければいけないというのは性嗜好の押し付けに過ぎない、支配、被支配の関係を求める性的嗜好もあるのだ、跪いて女性の足を舐めたい男性だっている
間違ってはいけないのがだからといって日常的に相手を支配的に見ているとは限らないということ、あくまで許された空間で発露するエゴイズムなのだ、聖人の様には生きれない人が大半で欲望などあって当たり前、プライベートな空間にまで口を出そうとするのはセクハラだといえる
世の中の男性向け女性向けのポルノを見たときに対等な関係で愛し合うものばかりではないことは周知の事実だがフェミニズムの主張が正しければ異常者ばかりということになるがそうではない、人間には欲望やエゴがありそういったものを一切認めないという態度こそカルト的なのだ、それが正しいなら異性の性的関心を引く(動機の)ファッションも美しさを競うことも格闘技もアウトになる、そんな無菌室の様な社会には住みたくない
 
はっきり言おう、女性のプロポーション(胸や尻や足など)に欲情することは自然なことであり悪ではない、支配、被支配の性嗜好があってもいい、それらで男性の気を引きたいと思ってもいい
これら内面の性嗜好に文句をつけるのはセクハラであり差別だ

 

小出恵介の事件で女性の側を強引に庇おうとする坂上忍さんの態度は危険

小出恵介の事件でワイドショーのバイキングで坂上忍さんらコメンテーター陣が無理にでも被害者とされている少女を擁護しようとしているのが暴力的に感じる
もし彼女がお金目当てで強姦をでっち上げようとしたのならその点では加害者なのであり未成年者とはいえ反省を促す必要がある
「俺達も17くらいのときはバカだった」とか「でっちあげだとしても唆している大人がいるっぽく、そこと小出さんの問題で少女を責めるべきではない」とか暴論すぎ。
若いころは馬鹿でも善悪の区別位はつき、でっちあげでお金を取ろうなど普通はしないし唆されているにせよ記者の前で嘘の告白をするというアクティブな関与をしているのだからそれは咎めないといけない、小出氏の非で持ってそこを正当化することは出来ないはずだ
 
坂上さんは示談が成立した報道がなされ守秘義務の為に双方がこれ以上、発言できなくなった事を知ると、真相が闇の中になったのをいいことにでっちあげ説自体をデマだという方向で扱いだした
少女はでっち上げが事実だとしても認めるわけが無いと思うが本人が否定しているのを全面的に支持して、少女の言動の矛盾に疑問を持った橋本マナミさんに「揺れ動く年頃だから矛盾はあってもおかしくない」と強引に反論し、どうもこの人は事実はどうあれその様に持って行きたい様に感じる私はでっち上げ説はかなり信憑性があると思っている、それを裏付ける少女の言動の矛盾を全て「未成熟だから動揺していたのだろう」で済ませてしまうのは無理があるのではないだろうか
 
結局、事実よりも力を持った人達が「どう持って行きたいか」ということが優先される社会の闇を見た気がする、従軍慰安婦などもその典型だと思う(これは右派、左派どちらにもいえる)
でもそれでは駄目だ、事実よりもパワーゲームで物事が決定されるのは暴力でしかない今回のバイキングでのコメント陣の態度は放送倫理に抵触すると思う、こういうのは放置しないで皆で声を上げるべきだ
 
橋幸夫さんの「絶対男が悪いし」や坂上さんの「色恋沙汰は男が悪いに決まっている」という頭から決め付けた態度は冤罪を生む危険がある
こういうのって大雑把に二元論で「小出氏と少女のどちらが悪いか?」で考えようとするからそうなるのではないだろうか?どちらもそれぞれに非がある可能性が有るわけだがその様に細かく考えないで印象と感情で答えをだそうとするから…
 
何にせよ無責任で暴力的な態度だといわざるを得ない

 

津田大介に意見したら有無を言わさずにブロックされた

信じられない…ジャーナリストの津田大介さんが性犯罪の対応の在り方についてツイートしていたので

小出恵介氏を現段階で強姦魔扱いしている人達がいて危険だ、そちらへも問題意識も必要」

とリプしたらブロックされた、これ正論ですよね?

 

最近女性の言い分を100%無条件で受け入れ、少しでも整合性を検証しようとするとセカンドレイプだと騒ぐセカンドレイプ厨が増殖しており危険な状態にあります

断っておきますがセカンドレイプは重要な概念で必要なものです、でも何でもかんでもセカンドレイプだとしてしまうことは魔女裁判になってしまい冤罪を生む恐れもあるので難しい問題なのです

 私は小出氏の事件は現段階の情報では強姦だとするのは整合性がないと思っています

この女性は関係を持ったことをラインで「ん?小出と寝たよ?」という感じで友達に報告しており強姦されたという感じではありません↓

 

 

まあこの情報も事実かどうかは不明なので冤罪だと決め付けることも出来ませんが

ただタクシーからホテルに連れ込み無理にするには相当な脅迫で抵抗不能にしなければ無理だと思いますのでそこまでの脅迫があったという報道も無く強姦だと考えるには現段階では整合性がないと考えるのが自然ではないでしょうか?

なので小出氏を強姦魔扱いをするのも確かに問題なのであって私はブロックされるようなことは言っていないはずです

 

最近の左翼は無責任に言説を垂れ流し議論が出来ないのか?

津田氏にセカンドレイプだの語る資格は無いと思います

 

小出恵介の淫行事件は強姦なの?

小出恵介氏が相手が未成年だと知りながら飲酒し性的関係をもった事件だが
ワイドショーを見たが小出氏を庇うつもりは一切無いけど流石にこれは任意だろう
小出氏は立場上平謝りするしかないので本人の謝罪は当てにならないしなあ
 
報道によると流れはこんな感じ↓
 
小出氏が二人で飲もうと提案
飲み終わって女性がタクシーに乗ろうとしたところ小出氏が乗り込んできてホテルに連れて行かれる
ホテルで女性が未成年であることを伝えるも小出氏は行為をやめようとせず朝まで何度も関係を持った
 
まずタクシーの運転手がいるのに本当に無理やりに連れて行くことは出来ないだろう、ホテルまでの道のりやホテルのカウンターで受付に助けを求めることも出来た、それとも抵抗すると殺すという程に脅されていたとでも言うのだろうか?立場のある有名人だしそんな事はまず考えられない、ハニートラップか後で後悔した女性の掌返しと考えるのが自然だろう
 
勿論、未成年と関係を持ったことは言い訳できないが強姦にまでされるのは真実ではないと思う
 
最近、整合性は無視して女性の供述を100%受け入れ少しでも異を唱えようものならセカンドレイプだと騒ぐ人達が目立つもし間違っていれば加害者(とされる人)へのセカンドレイプになるし自分達は正義で言っているつもりだろうが盲目的だし非常にヒステリックで怖い風潮だこういった動きには理路整然と毅然と物申していかなければいけないと思う、勿論ケースによっては加害者が言い訳で合意があったと主張するケースも有るのでセカンドレイプは重要な問題だが何でもかんでもセカンドレイプだと主張する人達は本当に怖いしそれに表立って意見する人がいない(出来ない)風潮も異常だと思う、皆、好感度を気にして女性の立場に物申すことが出来ないこの男女の扱いの格差は痴漢冤罪にも通ずるものがある

 

日本が女性にとって発展途上国というのは本当なの?

男女差=差別が働いていると決め付ける風潮

 そっち系の人が「日本は女性にとって発展途上国」と主張するのは国会議員の数や企業の管理職の男女比が諸外国と比べて開きがあるというのが理由なのだが議員に立候補したり勤続年数の長い女性が圧倒的に少ないのだから男女差が出来るのは当然だ誤解してはいけないのは男女差自体が悪いのではなく差別が働くことが悪いのだ政府や企業が女性の起用を望んでいても当の女性にその気が無いのではどうしようもない、女性というだけで相応しくない人を闇雲に採用するわけにはいかないし差を埋めたければどうしても頭数を増やしてもらうしか解決法はない
 
  • 各分野の男女差の原因は頭数の差であり差別は働いていない
 

海外との比較に意味はない

よく言われるのが「北欧諸国は各分野に男女差が無いのだから日本で男女差が出来るのは差別が働いているからだ」という理屈、でもこれはおかしいと思う、だって北欧諸国はアファマーディブアクションを取り入れ女性に下駄をはかす制度にしているのだから男女差が無くて当たり前だ(無理やり差を埋めている)それと国民性や文化の違いも考慮する必要がある日本の女性は受動的で矢面に立ちたがらない女性が多い、自分が成功するよりも“出来る男”に養ってもらいたいという願望が強く自分が大黒柱になり男性を養うといった価値観を持った女性は本当に少ない、統計では女性の3人に1人が専業主婦願望があることが分っているそういった女性の自由意志が尊重されていれば男女差は当然生まれる自然に出来る男女差は悪ではない
 
 

むしろ女性に価値観を押し付け圧力を加えているのはフェミニズムなのでは?

 
「女性は家庭に入って子を産みましょう」は言っては駄目なのに
「女性の国会議員を増やしましょう」や「女性は外に出て働くべき」はOKって何で???どちらも価値観の押し付けですよね?
 
「どんな生き方でもあなたの自由ですよ」というのが正解のはず
 
大切なのは圧力無く自由意志が尊重されること、今は家庭に入りたい女性が白い目で見られるフェミニズムプロパガンダが成功している)
 
フェミニズムは外に出て働くことや権力を持つことが成功で家庭に入ることは損だと決め付け、自由意志が故の男女差に「男性社会の陰謀だ!女性は差別を受けている」とデマで扇動して日本の女性の意思をコントロールしようとしている
 
 

男性の差別意識の所為で男女差が生まれるというのは本当か?

 いまや草食系男子の時代ですよ、矢面に立つことに疲れている男性は大勢います、でもやはり女性を守らないとという意識が働く…女性もそんな男性を評価し求める、この様な関係の中、男性をリードする女性が現れ、社会が守られる男性像を許容するならそっちに行きたい願望のある男性って本当に大勢いると思うのです男性は女性を家庭に押し込めたがっているというのは最早幻想で家庭に入りたい男性は潜在的に相当いるはずむしろ女性の願望が尊重され男女差が生まれているという見方の方が真実だと思ったりします
 
平均収入の男女差は言い換えると男性の方が大黒柱を引き受けて矢面に立っているということ、これって見方によっては女性が守られているということで女性優位だと思うのですつまり「男社会だ!女は不利だ!」と言う言説は社会の優位性の見方があまりに一方的な“ものさし”で語られているということ。ホームレスや自殺者数は男性の方が圧倒的に多いのです
 
男女差が埋まらないのは社会が「男は女を守るものだ、養われるのは恥」と“男の有り方を束縛してそこに女性が依存しているからでむしろ男性への束縛的価値観を緩和していくことが求められるのではないでしょうか、これまで女性差別の是正ばかり行われてきて一方向からだけでは限界が来ているように思います、停滞しているのは男性差別に手をつけようとしないからではないでしょうか
 
 さて、僕は最初の方で自由意志の尊重を述べておりこの考えは変わりません、なので受動的な女性はいてもいい、でも同時に受動的な男性もいてもいい、しかし社会は男性にその自由を許さない、多用な男性の有り方が認められればその影響で女性も「甘えてばかりではいられない」という気になってくるのではないでしょうか、そうすれば自由意志は尊重されつつも自分の判断で女性に能動的な部分も生まれてくると思う、そうすると男女差は今よりも埋まるでしょう、結局社会に出来ることはその位(自由な有り方を認める)で不当に圧力は加えるべきではない
 
うーん・・・ここら辺がとりあえずの落とし所かな・・・
 
一部ちょっと極論になった感もある…でもフェミニズムに足らない視点としては正論のはず、社会が男性に束縛的価値観を持っていることや女性が守ってくれる男性を求めていてそれに男性が応えようとするから男女差が出来るというのは事実だろう
日本の様々な分野での男女差は自由意志(女性の願望)の反映であり海外は能動的な女性が多かったり無理やりに制度で埋めているだけで日本が女性にとって発展途上国だというのはフェミニズムプロパガンダ

レディファーストってそこまで絶対なの?

木村拓哉さんがレッドカーペットで杉咲花さんをエスコートしなかったことが騒ぎになっている
これについて早稲田大学教授の橋本一径氏が苦言を呈しそれに一部の木村さんのファンが異議を唱える形になっている
 

 

 
 
しかしここで僕は別の視点で考える
 
皆がレディファーストはするべきものだという前提で考えているが
 
そもそもエスコートってしないといけないものなの?
 
 
いや勿論僕もジェンダー主義の部分は何だかんだ色濃く持っているからその方がしっくりくるし美徳に感じるし絵図ら的にも良いことは分る、でもどこかに反発心があるのです
 
というのは結局今の世の中って男性にのみ気遣いを求めていますよね?だって男性が女性に少しでもジェンダー的な依存心を持つと男女不平等だ!女性蔑視だ!となる、なのに男性には当然の様にレディファーストを求める、これってどうなのでしょう?
 
 弱者(女性)を守るのは当然のことだといいますがレディファーストって相当に過保護で現実的には必要ないですよね?別に女性を先に行かせなくてもドアまで開けてやら無くても全く困りません、お年寄りや身体障害者を気遣うのとは話が違います、そりゃあ重いものは力のある男性がもってあげればいいですが過剰にサービスを求めるのはどうなのでしょう?若くて健康体の女性を身体障害者やお年寄りと同列に扱うのは合理性にかけますつまりレディファーストは弱者を守るは建前でシキタリというか男女の立ち位置を明確化し束縛するジェンダー装置としてあるのです、でそのジェンダー装置は女性に向けられると性差別だと非難される…
 
でもだからといって「レディファーストは男性差別だ!」なんてヒステリックなことはあまり言いたくありません。やはりそれは興がそがれるというか女性からしても「何んだかな」という思いになると思います、でも今の時勢にあまり厚かましく一方的に求めるのもどうかと思います、やはりそれは男性の好意にまかせるべきで、やらないと批判されるまでいくと行き過ぎではないでしょうか?
それと女性の立場からもあまり平等平等といってほしくありません、例えば人工知能学会誌の表紙の絵が女性型のロボットが掃除をしているものでこれが女性蔑視だと批判されました↓

要するに「こういう都合のいい女性像を、無邪気に表現している(それで良いのかどうか考えるキッカケすらないという)男性社会」を問題にしているわけですよね。(略)こういう「イメージ」が氾濫してると、「結局オトコが嫁(ニアイコール妻)に求めるものって、セックスまで面倒見てくれる母親なワケ??」と、あらぬ誤解を受けることになるので、男性にとっても不利だと思いますよ。

 

要するに「男の面倒をなぜ女性が見ないといけないのか?不平等だ」とか「女性を召使の様に見ている」というものです、でも世話されたいというのは女性蔑視と言うより男性の甘えなのですよね、見下しているのではなく甘えているのです、家事が均等に分担されないのは不公平かもしれませんが別の部分で女性も男性にジェンダー的な依存心を持っています、デート代を払ってほしかったりエスコートされたかったりと。あまり平等を主張すると互いに依存しあう楽しみが失われてしまいます、しかし最近の風潮として男性だけが女性へ依存心を咎められます、そういうのを見ているとレディファーストは女性が喜ぶからやってあげたいという気持ちはありつつもどこか反発心を抱いてしまいます

 
要するに僕が言いたいのは
 
男は女に甘えてはいけないのか?一方的に気遣いとサービスを求められないといけないの?ということ
 
 
現行の風潮は男性が少しでも女性にジェンダー的な依存心をもつと女性蔑視だ不平等だと批判される、なのに男性から女性へのサービスは当然のごとく求められる(やらなければ非難される)
 
これ逆で考えてみてくださいよ、例えば3歩下がるという価値観から女性が男性の前を歩いて批判されたらフェミニズムは黙ってないですよね?なのに女性をエスコートしなかっただけで何でこんなに非難されないといけないの?
 
 
それともう一点。
女性が男性をエスコートしてはいけないのか?
という疑問があります
 
僕はジェンダー主義ですが別に女が働いて男が家庭に入る関係があってもいいと思います、また。女性に料理を作ってほしいと思っていても別に男である自分が女性に振舞うことがってもいいと思います、要はジェンダー主義的な感性を持ちつつもそんなに強固ではないのですなので女性が男性に保護的になることがあってもいいと思うのです例えば女性が母性的に椅子を引いてくれたりしたら実は男性もうれしかったりします最初は戸惑うかもしれませんがそれは植えつけられたイメージの問題で社会がそういった男性像を許してくれるなら慣れると思うのです
男性って労わってもらえる事が本当に無いですよね?
男性が癒しを求めては駄目なのでしょうか?何というかレディファーストって鉄壁で男性が女性に保護的でなければいけず男性が癒しを求める余地がないのですたまには女性が男性に包容力を持つことがあってもいいと思うのですがこのシキタリは明確に男女の立ち居地が固定されていますよね、もう少しお互いに思いやりを持つ気持ちと癒される立場がシェアされてもいいと思うのです、男性だって女性が世話をやいてくれたらうれしいものですよ?レストランでも良い席は必ず女性に譲り男性は我慢を強いられます、まあ我慢というのは大げさな言い方ですが男性ばかりがあまりに一方的に鉄壁に女性を気遣って愛を示さないといけないと決められていないでしょうか?そういう男性像に疲れてしまっている男性は多いと思います
 
 
 最後に木村さんは紳士的で女性に気配りが出来る人でレディファーストな場面をTVで何度も見たことがあります、男性にも親切にしているのを見て好感を持った覚えがあります、その様な人でも少し気が付かなかっただけで一部分だけ切り取ってこんなに非難されるのをみて「それほどまでに男の役割は絶対なのか」と改めて社会の男性性への時御代錯誤や無理解にに打ちのめされました
…まあ花ちゃんはまだ子供だしエスコートしてあげるべきだと思いますが多分大人の女性であっても同じ反応だったと思うのです
 
愛される立場って女性の専売特許なのかなあ…ちょっと疲れます、男性も少しは声を上げていきません?
別に私は女性を喜ばすことは吝かではありませんよ?でもちょっと一方的過ぎないですか?これだけ男女平等が叫ばれる時代に…
私もレディファーストはしますよ?でもジレンマもあるのです